外壁材には、様々な種類が存在しています。
それらの種類により、劣化のしやすさだったり耐久性の高さだったりが変わってきます。
そんな、種類の一つに吹き付けタイルというものがあります。
こちらは、見た目上表面がツルツルしており艶があります。
吹き付けタイルは、表面が凸凹になるよう異なる種類の塗料を、3層にし吹き付けます。こちらを、複層仕上げといいます。
他にも、中粒仕上げや表面を潰す押さえ仕上げというものがあります。
それぞれ、模様が違ってきます。表面がツルツルしているので、ほかの種類のシリコンやスタッコに比べ、使用する塗料の量が少なく済みます。弾性タイプなどもあり、ひび割れなどがしにくくなっています。
吹き付けタイルという種類の塗り替え検討の基準は、ひび割れや色あせ、カビなどです。
吹き付けタイルの価格は、それほど高くありません。
種類が沢山ありますが、安い方だと思います。
スタイルや、種類によって価格が変わってきますので、自分に合った種類の吹き付けタイル又は、ほかの種類を選択すれば良いと思います。
吹き付けタイルにも、凸凹模様やヘッドカット模様と、種類があります。模様により価格も変わりますので、お好きな方を選択すれば、良いと思います。
参考:吹き付けタイル 種類 価格

関連記事


    外壁塗装の耐久性が高くなることに伴い、様々なメリットを期待することができるようになるのではないかと認識されています。 最も大きなメリットとしては、雨や塵、埃などに強いという点が挙げられています。 外気…