よく恥ずかしい事を思い出したり、驚いた直後に体に汗をかくことがあります。

この時運動していないにもかかわらず汗をかきますよね。

果たしてこの汗は異常なものなのでしょうか。「多汗症」なのではないかと不安になります。
多汗症は代謝の異常が原因で起こる事があります。

代謝とは体外から取り入れた物が上手く生合成されたり、消費されたりと栄養が上手く巡り本来の役割を担う事をいいます。

しかし多汗症の人は、自律神経の乱れなどが原因でこれが上手くできない為に起こります。

多汗症には生活習慣等、遠因が原因で発生していることがあります。

例えば睡眠不足などによる血行不良、この場合冷え性になりがちです。

冷え性は代謝が落ちている為に起こります。

代謝が落ち、冷え性になると多汗症になる可能性が出てきます。

その為、生活習慣が第一なのです。

しかし、冒頭の例でいう「恥ずかしい」「驚いた」場合にかく汗は、必ずしも多汗症ではなく、

精神的な部分が原因の一時的な汗であり、必ずしも異常というわけではありません。

精神的な乱れについても生活習慣が関わっている場合もあるので留意しておくことが必要です。

つまり多汗症の予防は、規則正しい「普通な」生活をおくることがなによりもの前提となるのです。

参考 多汗症 原因

関連記事

    None Found