青髭対策のために、できるだけ深剃りを頑張ってみたけれども、どうしても髭が青々としたまま残ってしまうことに悩んでいる人はいませんか。そして、どのように青髭 対策をすればいいのかわからないという人も多いでしょう。
青髭には発生する要因があり、これに対する効果的な対策法もあるのです。専門店に行かずとも自身で可能な処置法もありますから、取り組むことをオススメします。

 

 

青髭になってしまう理由

髭が青々としてしまう理由とは、髭が白い肌により、透けて見えてしまうからです。髭は全身の毛のなかでもかなり太い方ですから、また密度もかなり濃いです。その上、毛穴の奥深くまで、4から5ミリ程度の深さまで生えていますから、どのように工夫して深剃りしたとしても、このような深部に生えている髭を取り除くことは不可能です。カミソリで深部にある毛を剃ることが不可能であることは明らかです。肌の内部にある髭が残っていることによって、透けて見えるために、青髭に見えるのです。

 

 

体の皮膚よりも顔の皮膚のほうが薄い

顔の皮膚は、ほかの部分に比べ、薄い構造をしています。皮膚の最も上のところは層になっているのですが、全身の皮膚の層の数の平均は、10層であるのに対して、ほっぺたの皮膚の層は、7層程度です。皮膚の層が薄いために髭が透けてみえてしまうのです。

つまり、太くて濃い髭が、皮膚が薄いために透けてしまい、青髭に見えてしまうということです。

このような青髭に対してはどのように対処していくべきなのでしょうか。

 

 

正しい髭剃りを遵守する

髭剃りを毎日するにあたって、必ずしも正しい方法で行われているとは限らないでしょう。忙しい現代人にとって、現実的にそうなのではないかと考えられます。髭剃りには適した時期やタイミング、それに用いるべき道具や、剃る方法があります。これらが正しく行われていないために、髭の濃さが左右されてしまいます。

 

 

青髭にならないための髭剃りで留意すべき事項

髭の剃る時間帯で適しているものは、午前中が適しているとされています。髭が伸びやすいとされているのは、午前6時から10時頃であるために、10時以降に髭剃りをすることがベストと言えます。もし夜の髭剃りを行ってしまえば、朝になってしまえば、もう生えてくるというわけです。このために髭剃りを行うのは、午前10時以降にしましょう。
深剃りするのであれば、T字カミソリをオススメします。電気シェーバーに比べれば、T字のほうが深剃りできるからです。肌に対する刺激を減らすことを考えれば、3枚刃を超える多枚刃の使用を推奨します。

 

 

関連記事

    None Found